産後の悩み

「痛み」は大切なメッセージ?

  •  
  •  
  •  

「痛み」は大切なメッセージ?

「無事に出産できてうれしい!! でも、産んだ後も体中のあちこちが痛くて、痛くて・・・。こんなに痛いものとは想像できなかった」出産を経験した人の本音はこんな感じなのでは?

 

痛みとの戦いは、子育て中はしかたない??

 

産前産後の女性の体ではあちこちトラブルが発生します。体中、あちこちに現れる「痛み」もその一つです。

 

妊娠中の痛みといえば、腰や足のむくみによる痛みがあげられますが「それも赤ちゃんが生まれるまでの辛抱」と考えてがんばれこれるでしょう。しかし、出産後もその痛みは続くとなると「いつまでこの痛みは続くのか・・・?」不安になってしまいますよね。

 

産後のおもな痛みといえば、会陰切開の痛みや授乳による乳首の痛み、乳腺炎、手首の腱鞘炎(けんしょうえん)などです。また、産前から続く腰の痛みやむくみもおさまらないという人もいるようです。「これもママになったから仕方ない・・・」と諦めるしかないのでしょうか?

 

子育て中はしかたないと諦める前に少しばかり自分の生活スタイルの見直し、体へのいたわり方を見つめなおしてみることが大切です。

「子育て中だからしかたない」ではなく「子育てがスタートするのだから、体の使い方を工夫して最善のセルフケアをしよう」という考えをもちましょう。

 

「痛い」はからだを軌道修正をするチャンス!

どうしようもない痛みに直面する前に今までの生き方や暮らしぶりを振り返ってみましょう。体の痛みは、ふだんの姿勢や筋肉の使い方といった物質的な要因から起こってくるからです。

 

たとえば、腰の痛みは、骨盤が前に傾いているサインといわれていますし、産後の腕の痛みは、赤ちゃんを抱っこする腕の角度が悪いのではないでしょうか。また、肩こりは、お腹に力が抜けていて首や肩に無駄な力が入っているからですし、ひざが痛いのは体の冷えが根本的に原因があるといわれています。

 

”この痛みはどんなメッセージなのか”これに気づくことが大切です。そのメッセージに気づけたとき「今この段かいで気がつけて良かった」と思えるようになります。

 

痛みは体からのSOSであったり、メッセージであったすると考えて、自分の体をセルフケアする習慣へと心かけられたらいいですよね。

関連記事

産後ダイエット人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

赤ちゃんがよく寝るようになったら・・・手がかからなくなってきたら・・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<

産後ライフの過ごし方

産後の「痛み」を和らげる

「産後ダイエット」にチャレンジ

「産後ウォーキング」にチャレンジ

スリムで美しい体型へ

産後の「ツライ」を治すセルフケア

産後のメンタルケア

≪お悩み別≫ アロマテラピー活用法

QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析