産後の悩み

抱っこによる手首の痛み

  •  
  •  
  •  

抱っこによる手首の痛み(腱鞘炎)

3〜5キロほどの赤ちゃんでも、毎日毎日を抱っこしていると腕と手首がビリビリ痛くて抱っこするのも大変になるものです。抱っこで手首が痛むのはしかたないことなのでしょうか?

 

どうして起こるの?

抱っこできないほどの手首の痛みは「腱鞘炎(けんしょうえん)」かもしれません。

 

腱鞘炎になってしまう原因は、おむつの交換や赤ちゃんを抱っこするとき必要以上に手首に力がはいってしまうためです。

 

特になりやすい原因といえば、長時間の抱っこ。抱っこしながらねんねをさせたり、抱っこしながら授乳させたり、抱っこは思っている以上に手首や指、腕に負担がかかってしまうようですね。

 

どうしたら痛みが和らぐの?

手首や腕を鍛えてマッサージ

腱鞘炎になってしまっても手首や腕が痛いからと育児をストップさせるわけにはいきませんよね。
腱鞘炎にならないようにするためにも日頃から手首や腕の筋肉を鍛えておくようにしましょう。

できるだけ同じ姿勢で固定されないよう、手首を回したり、疲れたと感じたらすぐにマッサージするようにしてください。

授乳が終わった後もマッサージをするようにして、筋肉をほぐし、疲れがたまらないようにするとよいでしょう。

 

腕を交互に変えてみよう

同じ姿勢を続けると腱鞘炎になりやすいです。抱っこや授乳の時にも腕を交互に変えてやってみるとよいでしょう。
毎日何度も赤ちゃんを抱きかかえているので、同じ腕ばかりに負担がかからないような注意が必要でしょう。
腱鞘炎になってからも痛いのを我慢して悪化させてしまうと、赤ちゃんを下に落としかねません。

産後に腱鞘炎になりやすくなっているということを覚えておいて、しっかり対策をとるようにしておきましょう。

 

手首のテーピングやサポーターを使おう

腱鞘炎の痛みを抑えてくれるのが、テーピングやサポーターです。
筋肉やじん帯の炎症が起きている部分の血液循環がよくなりトラブルを正常な状態い近づける作用があります。

 

手・手首の腱鞘炎に「バイオメカサポーター手関節」

くるっと巻くだけで手首を固定する手首用サポーター。育児による腱鞘炎に、巻いて面ファスナーで止めるだけで、手くびを固定して疲労を予防するものです。

 

腱鞘炎に「メディカルマグネッカーDX 手用」

 

サポーターの適度な加圧と保温、医療用磁石の作用でこりを芯からほぐし、血行不良によるつらく重い手首・手のひらのコリやハリを改善します。

関連記事

産後ダイエット人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

赤ちゃんがよく寝るようになったら・・・手がかからなくなってきたら・・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<

産後ライフの過ごし方

産後の「痛み」を和らげる

「産後ダイエット」にチャレンジ

「産後ウォーキング」にチャレンジ

スリムで美しい体型へ

産後の「ツライ」を治すセルフケア

産後のメンタルケア

≪お悩み別≫ アロマテラピー活用法

QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析