産後の悩み

ウォーキングシューズ選びのポイント

  •  
  •  
  •  

ウォーキングシューズ選びのポイント

「本格的にウォーキングをするなら専用シューズがいい」ということが分っていても”どんなウォーキングシューズがいいのだろう?”と迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。

 

確かに、ウォーキングを始めるのであれば、ウォーキングシューズがあったほうが絶対にいいです。ただし、ウォーキングシューズなら何でもよいかというとそうではなく、条件があります。

 

まずは「自分の足のサイズにフィットしていること」これが第一条件です。そして「ソールの厚さ」や「ソールの硬さ」や「サイズの合わせ方」にも目を向けたほうがいいでしょう。これらの条件をクリアしたウォーキングシューズであれば、足のトラブルになりにくいでしょう。

 

ウォーキング選びのポイント

 

ソールの厚さ

ソールのやわらかすぎるものや暑すぎるものは足をくじいたり、足元を不安定にさせてしまいます。そうなると正しい姿勢でウォーキングできないため、足のひざや腰に負担をかけてしまうかもしれません。

 

理想的なソールの厚さは、1.5から2.0pほどでしょう。極端にクッション性が高いものは避けて、適度な硬さがあったほうが足元がしっかりと安定するので良いかと思います。

 

ソールの硬さ

ソールの厚さのところでもいいましたが、やわらかすぎるソールは不安定なので避けたほうがいいでしょう。だからといって、硬ければよいかというとそうではありません。硬すぎるソールもウォーキングの際、かかとから着地してつま先で地面をけるときに、疲れやすく足に負担をかけるのでよくありません。

 

理想的なソールの硬さは、シューズを両手で持ったとき、軽く力を加えて曲がるものです。曲がりすぎてもダメですし、まったく曲がらないものでもいけません。ソールの硬さは、適度なものが一番ですね。

 

サイズの合わせ方

ウォーキングシューズは、自分の足にあったサイズ選びが重要です。サイズを合わせるときは、シューズを両足に履いてから、ぴったりとかかとを添わせます。つま先は、足の指を伸ばした状態で、手の親指1つ分くらいのゆとりがあるものがベストです。

 

このとき、フィット感を確かめてください。幅、アーチ、甲、深さ、全体的に窮屈と感じませんか?ウォーキングシューズは、ガボガボに大きすぎても歩けませんし、小さすぎても足トラブルを起こしてしまうのでよくありません。時間をかけて自分の足のサイズにあったシューズを選ぶようにしましょうね。

 

ウォーキングシューズ選びの落とし穴

自分の足のサイズと同じウォーキングシューズでもメーカーやシューズの形によって自分の足のサイズに合わないこともあるので注意が必要。人によってはワンサイズ(0.5p)以上違う場合もあるそうです。自分の思っているサイズはあくまでもめやすとして考えたほうがいいでしょう。

通販の場合は無償で交換ができる下記の専門店がオススメです。

 

 

関連記事

産後ダイエット人気ランキング

No.1No.2No.3

ボニック

骨盤ベルト

ヤーナリズム

目標ウェスト─11cm!!超音波&EMSのWパワーで自宅で(お風呂でも)簡単に部分やせができちゃいます。
着ただけでー10cm!7色カラー展開で可愛い♪24時間使える超薄い骨盤ベルト&ガードルです。
「コアリズム」が更に進化!【ヤーナリズム】でくわばたりえさんも産後ダイエットに大成功!

赤ちゃんがよく寝るようになったら・・・手がかからなくなってきたら・・・・
>>本格筋トレタイプはこちら(超オススメ)<<

産後ライフの過ごし方

産後の「痛み」を和らげる

「産後ダイエット」にチャレンジ

「産後ウォーキング」にチャレンジ

スリムで美しい体型へ

産後の「ツライ」を治すセルフケア

産後のメンタルケア

≪お悩み別≫ アロマテラピー活用法

QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析